南薫会

福岡県立小倉南高等学校同窓会公式ホームページ
運営・管理/福岡県立小倉南高等学校同窓会

文字の大きさ

福岡県立小倉南高等学校南薫会々則

第1章 総  則

第2条(目的) 本会は、会員相互の親睦を図るとともに、母校の発展に寄与することを目的とする。
第3条(事業) 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  • 会員名簿の発行
  • 会員相互の親睦(講演会及び懇談会)
  • 母校の教育援助
  • 追悼、謝恩、慶弔
  • その他、本会の目的達成のために必要な事業

第2章 会  員

第4条(構成) 本会は、次の者をもって構成する。
  • 正会員
    (1) 旧園芸学校及び旧紫水女学校の卒業生並びに同併置中学校卒業生
    (2) 福岡県立小倉南高等学校卒業生
    (3) 前記の他、生徒としてかつて在籍した者で、同期生2名以上の推薦により役員会でこれを承認されたもの。
  • 準会員
    本校に在籍する生徒
  • 名誉会員
    本校職員及び旧職員
第5条(届出) 会員は、住所、勤務先等に異動を生じた時は、本会に届けるものとする。

第3章 役  員

第6条(役員) 本会に次の役員を置く。
会長1名、副会長 若干名、書記2名、会計2名、監査2名、幹事長1名、本部幹事 若干名、事務局(若干名)。
第7条(役員の選出及び任期) 本会の役員の選出及び任期は、次のとおりとする。
  • 会長、副会長は、総会で選出する。
  • 書記、会計、監査、幹事長、本部幹事は、会長がこれを委嘱する。
  • 事務局は、会長がこれを委嘱する。
  • 役員の任期は2年とするが留任を妨げない。
第8条(役員の任務) 本会の役員の任務は、次のとおりとする。
  • 会長は、会務を統括し、会を代表する。
  • 副会長は、会長を補佐し、会長不在の時はその任務を代行する。
  • 幹事長は、本部幹事とともに幹事会を組織し、会務を司る。
  • 本部幹事は、幹事長を補佐する。
  • 書記は、諸会議の連絡並びに議事を記録し、関係書類を保管する。
  • 会計は、収支事務を行う。また、会計監査を経た決算報告書を総会に提出し、その承認を受けるものとする。
  • 監査は、毎年度末に、この会の会計を監査し、これを総会に報告するものとする。
  • 事務局は、学校と南薫会の連絡調整並びに庶務を処理する。

第4章 顧問、相談役

第9条(顧問、相談役) この会に顧問を置き、必要あるときは、相談役を置くことができる。
  • 顧問は、学校長とする。

第5章 会  議

第10条(会議) 本会に次の会議を置き、各会議とも会長が招集する。
  • 総  会
  • 幹 事 会
  • 役 員 会
第11条(総会) 総会は、本会の最高議決機関である。
  • 総会は、毎年一回、開催するものとする。必要あるときは、臨時総会を開催することができる。
  • 総会に付議する事項は、次のとおりとする。
    (1) 役員の承認
    (2) 事業報告及び事業計画の承認
    (3) 決算及び予算の承認
    (4) 会費の決定
    (5) 会則の改正
    (6) その他、この会の目的達成に必要な事項
第12条(幹事会) 幹事会は、総会に次ぐ議決機関で、役員、各期代表幹事、支部長で構成する。
  • 代表幹事は、2名選出し、会長が委嘱する。
  • 会長の承認を得て、各地区及び職場に支部を置くことができる。
    支部長は、支部を代表する。
第13条(役員会) 第6条の役員並びに顧問で構成する。
  • 総会で決定された事項の執行。
  • 総会に付議する事項の決定。
  • その他、この会の目的達成に必要な事項の執行。
  • 総会、幹事会の企画立案、年間事業計画等の調整にあたる。

第6章 会  計

第14条(会計) 本会の会計は、会費および寄付金その他をもってあてる。
  • 本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日迄とする。
  • 会費については、別に定める。
附則 本会則は、昭和63年8月21日より施行する。
本会則は、平成23年8月21日より施行する。
支部は、北九州市役所支部・関東支部・関西支部。